Event is FINISHED

SINCA Online Debate #6

Description
SINCA Debate vol. 6 6月12日金曜日夜8時開始

テーマ「9月入学を進めるべき」

  緊急事態宣言、外出自粛の間、かなりの議論になった政策が「9月入学」です。新型コロナのために、2ヶ月以上休校が続く中で、いかに十分な時間を確保するか、からこの議論が盛んになりました。

 9月入学が議論になったのは今回が初めてではありません。G20の中で9月入学でない国はインドと日本だけ。新年度を9月にすることによって、世界の多くの国と学事歴が一致するため、これまで課題であった留学のタイミングや就職活動が緩和されると思われるからです。

 現時点で、政府は9月入学を見送る方針を発表しています。今年が唯一で最後の機会と考えて、9月入学を推進してきた人々は、この方針が見送られれば日本の教育制度は世界から取り残されるばかりと懸念しています。日本の教育制度はこれだけでなく、遠隔教育の未整備、教員のスキル開発など他にも色々な課題を抱えています。

 政府が見送る方針を決めた理由として、30以上の法律などを改正する必要があること、日本全体で議論する十分な時間がないことなどと挙げていますが、実は、何としてもこの政策転換をしようとする政治のリーダーシップ不在と考えている人が多いようです。固定的な教育制度をはじめとして、この問題を先送りすると、将来を担う若い世代の知的能力に大きな痛手になると懸念する人も多いようです。

 賛成反対の両意見があるこの課題はディベートのテーマとしては最適ですし、日本の将来を考える上でも重要な課題なので、今回のディベートでとりあげます。

 今回は以前3回やったディベートのやり方と同様に、肯定・否定の2チームが3つに分かれたセッションで議論します。Part1では肯定側が言葉を定義し、この政策をサポートする見解を発表し、そのあと否定側が最初の論点を主張します。そのあと各チームで少し議論したあと、パート2では2チームはお互いに反論・質問を繰り返します。その後また作戦タイムをとって、サマリーのパート3に進みます。パート3は否定側からサマリーをして、肯定側のサマリーで終了します。

 各チームは5−6人のメンバーで構成され、peatixで登録されるときに希望チームを書いていただきます。どちらのチームにも入らない人はジャッジとして、ディベートの勝敗を決めていただきます。
 最後に全員で議論してこのセッションは終了します。
今回も、peatixから登録していただく時点で、「肯定か否定か、あるいはどちらでも良いか、またジャッジ・見学か」の登録をしていただき、事前にチームを作ります。尚、Peatixは、6月10日(水)にクローズしますのでご注意ください。

Peatixに登録してくださった方々にzoomのURLをお知らせします。

【参加にあたってのお知らせ】
1.セッションはすべて英語で行われます。
2.定員40名。先着により申込を締め切らせて戴きます。 定員に達した場合はご容赦ください。  
3.セッション中の様子を写真・動画で撮影いたします。後日、 セミナーレポート等に活用する可能性があります。 ご了承ください

“Academic year should start in September.”
Date: Friday, June 12 Time: 8:00 pm

 One of the policies debated during the school closures is the shift of academic year to start in September. It was triggered by the 2+month closure of schools due to Covid-19 and the concern to ensure adequate time for students.

The shift of academic year to September has been debated before, as Japan is one of the two countries in G20 with the start in April. By shifting the start to September, academic calendar becomes in line with those in other advanced economies. It is expected that study abroad and job hunting for those studying overseas becomes easier.

 As it stands now, the government seems to shelf the change in policy at least for some time. Many people who have been promoting the shift are afraid that the education system in Japan may fall so much behind of other advanced countries, as this year is perceived to be the only and last chance for the shift. Education system in Japan has so many more issues such as inadequate distant learning facilities, re-skilling of teachers, to name a few.

The reasons cited for postponing the decision include difficulty to revise all the laws/regulations required for shift (over 30, as reported), not enough time to have thorough discussion on the matter in the society, among others. Some say that the main reason is there is NO political will to make it happen. Concerns regarding rigidity of educational system in Japan are cited to hurt the intellectual capability of the future generation.

With these strong views, the topic of shifting academic calendar is perfect for debate. We will follow the same procedure as we did before. Two teams-affirmative and negative to the statement “Academic Year should shift to September start” will debate in three parts. Part 1 is initial argument from both teams (Affirmative expected to define the terms of statement)

After discussion time in each group, Part 2 will start with rebuttal between two teams. Before the Part 3 of summary (where Negative side starts, followed by Affirmative), the group will have brief discussion time.

Each team will have 5-6 members and when you register for the session, you can state your preference of teams. Those who do not want to join the teams can serve as judge. After three parts, we will have general discussion with all the participants.

We will start registering participants soon and we would like to ask you to notify us which team you want to participate-Affirmative or Negative, Either way, AND judge/observer when you register. This will make our preparation work much easier. So sign up early (we are likely to close the peatix probably Wednesday evening.)

We will send zoom URL to those register and will follow the same rules as last time.

(Note)
1.All session will be conducted in English.
2.The maximum number of participants are 40, so if the total numbers of applicants exceed 40, we cannot accept the application.
3.We will take the pictures and video throughout session, and we may use it on SNS or HP.
Fri Jun 12, 2020
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
SINCA 参加費 (一般) FULL
Organizer
SINCA team
404 Followers